毎日体の声に耳を傾けて・・・

身体のむくみの対策は?

寒くなると、どうしても厚着になってしまいますね。
服を脱ぐと脚がパンパンにふくれている、ストッキングや靴下のあとが残る、また、長時間事務の仕事や立ち仕事をして、帰る際、靴やブーツがはいらないと、いう経験をもっている人は多いと思います。
これは、浮腫(むくみ)と呼ばれ、身体の水分が多量にたまり、その状態が外から見ても分かることを言います。
例えば指で押すとくぼみができなかなか消えない、靴下のゴムの跡が著しくのこる、靴がきつくなって履けなくなる等があげられます。
原因として、心臓・腎臓・肝臓の働きが悪くなっていると考えられます。
心臓病によるむくみは、日中に強くあらわれますが、夜間は安静により尿量が増加することもあって、朝、起きた時に改善することが多いです。
むくみは全身性でありますが、下肢に強くあらわれ、やわらく、指で押すとくぼみができます。
また、息切れを伴うことがあります。
腎臓病によるむくみは、心臓病とは逆に、朝、起床時に強く、顔のむくみが特徴的であります。
しかし、その後は次第に良くなっていきます。
肝臓病によるむくみは、循環障害や、低蛋白血症、水分代謝異常が一緒に起こることが考えられます。
これにより、尿量の減少や体重の増加が見られます。
進行すると、下肢のむくみも強くなります。
以上のような病気になるのは、よっぽどのことですが、一般的には、長時間立っていたり、座っていると、動脈のポンプ作用が弱くなって、静脈やリンパ管が重力に逆らえ無くなるからです。
そのため、余分な水分が身体に吸収されずに、足(特にふくらはぎ)にたまっていくと考えられます。
むくみがみられるときは、できるだけ安静にして、心臓や腎臓の負担の軽減をはかり、塩分のとりすぎに注意したほうが良いでしょう。
また、足を心臓より少し高めにして足に枕を添える等)寝るなど、工夫をするのも良いでしょう。
それに加えて、足首から心臓に向けてマッサージをするのも効果的です。